コメント抽出・動画視聴 >[ 習主席、メルケル独首相と会見 ] の検索結果

キーワード、URL、"sm〜"、"mylist/〜"などを入れてください

習主席、メルケル独首相と会見
2:50

習主席、メルケル独首相と会見

2019年09月07日 16:39:47 投稿者:  再生:47|コメント:2|マイリスト:0

習近平国家主席は6日午後、中国を公式訪問中のドイツのメルケル首相と北京で会見した。  習主席は「我々は日々課題が続出し、リスクが日増しに高まる時代にいる。一国主義、保護主義が世界の平和と安定を深刻に脅かし、いかなる国もこの現状を避けて通れない状況にある中、中国とドイツは二つの責任ある大国として、これまで以上に戦略的な意思疎通、協調と協力を強化し、人類が立ち向かう共通の課題に手を携えて対応する必要がある。これは中独両国にとってだけではなく、世界にとっても非常に重要なことだ」と指摘した。  また「中欧は多国間貿易体制の基本ルールを守る上で共通の利益を共有している。世界の主要な経済国であり、世界的な影響力を持つ主要国として、中国とドイツは責任を示し、国際的な公平と正義を共に支持し、自由貿易と多国間主義を守るべきだ」と述べた。  習主席は、中国は言行一致で開放拡大を堅持しており、製造業から金融およびサービス業へと徐々に開放を拡大し、ドイツや世界各国により多くの新たな機会をもたらすと述べた 。 また、中国とドイツは開放的かつ前向きな見識を保つ必要があるとし、双方は自動運転、新エネルギー自動車、スマートマニュファクチャリング、AI、デジタル化、5Gなど新興分野で協力を強め、共に未来市場を開拓し育たていくべきだと強調した。  中国は金融とサービス業の開放を加速させており、これらの分野へのドイツ側の投資を歓迎していると述べた。  これを受けてメルケル首相は、ドイツと中国は協力を深めているほか、中国はドイツの最大の貿易パートナーでもあり、両国はより良い方向に発展しつつあると述べた。  また、ドイツは中国の開放政策の拡大の成果をシェアできることを非常に喜んでいる、今後も中国への投資を拡大し、協力分野を広め、人的・文化的交流を推進して行きたいとの考えを示した。  さらに、一国主義や保護主義はドイツにも悪影響を与え、対話と協議を通じて意見の相違と摩擦を解決するべきだとし、ドイツ側は、多国主義、自由貿易の精神に基づき、中国と国際問題の対応における交流と対話を強化し、欧中関係の発展にも建設的役割を果たすことを望んでいるとした。  メルケル首相は、李克強総理の招きに応じ6日から2日間、中国を公式訪問中。2005年の首相就任以来12回目の訪中となった。

ニコニコ市場

*商品は登録されていません*

この動画のコメント

投稿順/再生順でソートできます。ユーザをクリックすると同じユーザのコメントをハイライトします。

投稿順

再生順

ユーザ

コメント

NG共有

コメント日時

再読み込み
First Page First Page First Page Last Page  / ページ目  件づつ表示

さんのマイリスト(非公開のため表示できません)

▲ページトップへ